限度額

融資枠の増額

カードローンでは、最初に契約で決められた限度額が設定されたカードを使って、お金を借りたり返したりします。

限度額以内であれば、何度でも利用が可能で、しかも返済額も最初の契約で決められた支払い方法に基づく金額が、自動的に算出されてきます。

こういった利便性の高さがカードローンの人気の秘訣ともいえますが、この利用限度額については利用回数が増えてくると変動してきます。

たとえば、当初の融資枠が30万円だったものが、返済を履行していくうちに、50万円に増額されてくることがあります。

もちろん、こういった増額は顧客には無断では行ってこなく、「現在のご利用限度額を50万円まで増額することができますが、いかがでしょうか?」といった電話がかかってきます。

この電話で快諾をすれば、融資枠は50万円までアップすることになります。

融資枠の減額

また、逆に返済が滞ったりしていれば、ある日突然限度額が減額されていたというケースもあります。これは返済の遅延行為による信用低下の処置といえるもので、これは融資枠の増額とは違って顧客に断りなく実施してきます。

こういった行為に抗議をしてみたところで、自分が支払いを遅延したのだから自業自得の何物でもないのです。

0

融資枠を増やすべきか?

さて、実際にカードローンの融資枠の増額を薦める電話がかかってきた場合の対処法ですが、お金を借りる必要のない方は増額する理由もないと思います。

今現在、カードローンの借入金の完済を目指している最中に、もっと借りて下さいと薦められても有難迷惑この上ないでしょう。必要のない増額はノーサンキューでいいと思います。

しかし、今現在お金が必要で、他社の金融会社からの借入を考えているような場合は、増額を依頼されたほうが得策です。

なぜならば、他社の金融会社よりカードローンのほうが低金利ですし、何よりも支払いが一括して払えますので、余分な手間が省けます。

結論として、お金が必要でなければ増額はしないほうがいい。お金が必要であれば、増額をしてもらうということです。

information