カードローン

カードローンの金利

カードローンは借入限度額が設定されたカードが発行される仕組みですが、そのカードを使ってお金を借りてしまえば、毎月決められた方式によって支払いをしなくてはなりません。支払うお金は、借りたお金(元金)と金利とを併せた額になります。

カードローンを取り扱っている会社は、殆どが大手銀行系ですので、貸付金利も比較的低金利に設定されています。消費者金融よりも、低金利で借りやすいということで、若者世代には人気を評しているようです。

金利については、消費者金融と同様、利息制限法と出資法によって上限が決められています。低い分にはお咎めがありませんが、高い分は上限が決められています。

0

利息制限法と出資法

利息制限法では、借入額が10万円未満であれば年利20%、借入額が10万円〜100万円であれば年利18%、借入額が100万円以上であれば年利15%と上限が決められています。それ以上の金利は違法ですので、もしもそれより高い金利を請求されたら、金融監督庁なりに通報しましょう。

また、出資法では借入額に関係なく年利29.2%が上限とされていました。したがって、多くの消費者金融は利息制限法ではなく、出資法の金利こそが正規の金利であると勝手に解釈し、大手や中小の消費者金融はこの金利で貸し出していたのです。

しかし最高裁で、この出資法の金利ではなく利息制限法の金利こそが正規の金利であるとの判決が出たため、取り過ぎていた金利の、過払い金請求が相次いで起こったのです。

information