ヤミ金融

違法業者の手口と対策

どの分野でも違法業者は存在しますが、金融業者の中でも違法業者とは以下のようなタ
イプに分類
されます。

  • 貸金業登録をしていない未登録業者(貸金業規制法違反)
  • 出資法で定められた上限金利より高い利息をとっている(出資法違反)
  • 暴力的な取り立て行為(脅迫罪、恐喝罪)
  • 過大広告で顧客を募っている(貸金業規制法違反)

特に多いのが、貸金業登録をしていない未登録業者です。通称、モグリの金融と呼称
しますが、こういった業者は貸金業者に義務付けられている代表電話(固定)を設置せ
ずに、携帯電話などを代表電話にして、たとえ通報されても所在が特定できないように
しています。

また、違法業者の殆どは出資法で定められた上限金利を上回る利息をとっていることが
多く、支払いが遅延したりすると過酷な取り立て行為を繰り返してきます。貸金業規制
法ではそういった厳しい取り立て行為は規制されているものの、彼らのような違法業者
には無関係です。

0

狙われやすい人

通常であれば、高金利で過酷な取り立て行為の違法業者などから金銭を借りることはま
ずあり得ないでしょう。低金利で信用の高い銀行系カードローンを利用するはずです。

しかし、借入件数が多い多重債務者はそういった健全な金融業者からの新規借入は不可
能となっていますので、たえず借入先を模索しています。そういった多重債務者を狙っ
て融資話を持ち掛けているのが違法業者の手口です。

一番多いのは、DMを使っての融資の勧誘です。名簿屋から違法な手段を使って多重債
務者のリストを購入し、そのリストの住所へDMを送り付けています。内容は主に「複
数の借り入れを低金利で一本化」「多重債務でも審査に通る!」といったような、多重
債務者が見れば歓喜するような内容です。

しかし、実際に申し込みをしてみれば、そういった内容はすべて虚偽であることを思い
知ります。

0

違法業者に申し込みをすると

DM広告などを見て融資の申し込みをすると、まず住所氏名といった個人情報を聞かれ
ます。当然、違法業者は信用情報機関のデータなど使えませんので、現在の借入状況な
どはあくまでも口頭での聞き取りとなります。その上で、実際の融資となるとDMでは
大きなことを書いていながら、5万円程度の小額であることが多く、10万円以上の融
資はまずありえません。

それというのも、彼らも違法業者とはいえ貸すのは末期の多重債務者です。融資には高
いリスクが発生するため、融資はあくまでも小額にとどめています。それともう一つは
違法業者の大半は個人経営の小資本ですから、大きなお金を貸すだけの資本がないのも
事実です。

いずれにせよ、上記のような違法業者と取り引きすることは、自己を破滅に追い込んで
しまうことになります。金策に窮しているとまわりが見えないのも事実で、藁をも掴ん
でしまうのも理解できますが、今一度熟慮されたほうがいいでしょう。

information