確実に借りれるカードローン

絶対借りるための準備

利用実績作りから始める

借り入れ審査の基準は主に年収と現在の債務の額、そして過去の借金歴などが対象とされますが、他社からの借り入れ件数が3件以内の方で年収が300万円以上の方あれば問題ないと思います。

借り入れ件数が4件以上の多重債務者や、専業主婦、無職、信用情報センターのブラックリストになっている人などは通常の審査では振り落とされてしまいます。そういった審査に自信のない方は、まずカードローンを発行している会社(楽天カードローンなら楽天市場)を利用して実績作りから始めましょう。

消費者金融

まず会員登録をして、利用していくうちにランクが上がってきます。利用実績があがって最上位ランクになったらしめたものです。無審査でカードローンを通過する可能性が高くなります。

審査の甘いローン会社を選ぶ

比較的審査基準の甘いカードローン会社を選ぶことで、審査に通る確率もあがってきます。カード会員を広く募集しているような会社が狙い目です。これは、金融関係の口コミ掲示板などのコメントを拾って吟味することで、情報を収集することが可能です。

体験談などを見ると参考になるでしょう。ただ、中には宣伝をしている人もいますので、どのコメントが偽物なのか振り分けすることが求められます。

審査に自信がない人のために

キャッシングをする際の審査基準は、今ある借金の総額と件数、年収と勤務年数などが重要な要素となります。特に借入件数は銀行系の大手カードローン会社ともなれば3件以上あれば審査で却下される可能性が高くなります。

総量規制で決められた年収の三分の一以上の借金があれば同様に却下されてしまいます。そこで、審査の甘いカードローン会社や消費者金融では、それらの条件でも審査に通る可能性が高くなりますので、そういったローン会社で審査を受けるようにしましょう。

0

審査に通らない理由

折角カードローンの審査を受けたにもかかわらず、審査に通らない場合もあります。まず審査に通るためには、借りる側と貸す側との間で金銭賃借契約を締結する必要があります。それには双方が納得した上で契約を交わす必要があり、片方に問題があれば契約の成立は不可能となります。

審査に通らないのであれば、それは融資を受ける側に何らかの問題が横たわっているからであり、その問題を解消しないことには金銭賃借契約には至らないはずです。では、その問題とはどういったものでしょうか?

一番多いのが他社からの借入問題です。これは、借入件数が多ければ多いほど問題が深刻化していきますので、あまりにも他社からの借入が多い人は諦めるより他はありません。せめて借入件数を三件程度にまで減らした上で、再審査を受けてみましょう。

また、総量規制が施行されて以降、年収と借入総額の比率が重要視されるようになりました。簡単に言えば年収の三分の一以上の新規借入が制限されることとなったわけです。

これは、自転車操業を繰り返している多重債務者を抑制するのが狙いですが、こういった目論見は、ヤミ金融などを跳梁跋扈させた上で、より多重債務者を深刻化させるだけに終わったようです。

審査に通らない理由は他にもありますが、殆どの場合、現在の借入件数に問題があると考えたほうがいいでしょう。

ネット取引

消費者金融とカードローンの違い

よく消費者金融とカードローンを混同されている方がいるようです。金融業者からお金を借りるという点では同一ですが、支払い方法と借入方法では大きく相違するのが消費者金融とカードローンの特徴です。

金融業者と金銭賃借契約を締結して直接お金を借りるのが消費者金融のシステムですが、カードローンは契約を締結した上でお金を渡すのではなく、カードを渡すのが消費者金融との違いです。

予め借入限度額のカードを渡すことで、あとは自分で勝手にお金を借りて下さい、といったシステムになります。

支払い方法についても、消費者金融とは違って、毎月指定の銀行口座から決められた支払い額が引き落とされる仕組みになります。したがって、面倒な支払いも不要となり、銀行口座にお金を入れておけばOKということになります。

融資率が高い金融サイト

お薦めキャッシングサイト